太田市の歯医者なら
虫歯治療・予防のやまぎし歯科医院

*

医院ブログ

実は怖い!歯ぐきからの出血!?

太田市世良田町 やまぎし歯科医院歯科衛生士の望月です。

歯周病

「歯周病」というフレーズは皆さんよく聞くと思います。

ですが、歯周病について・原因はご存知ない方も多いのではないでしょうか?

歯を磨くと出血する

一度はこんな経験あると思います。実はこれも歯周病の症状の一つです。

今回はそんな歯周病についてお話していきます。

☆歯周病とは

 歯周病は、「歯肉炎」と「歯周炎」に分けられます。

歯肉炎は歯茎が赤く腫れ、炎症をおこしている状態です。そのため歯磨きの時に出血したりします。この段階で治療すると元の健康な状態に改善していき、このまま放置すると歯周炎へと進行していきます。

歯周炎は、歯を支えている骨まで炎症が及んだ状態で骨を溶かしていき歯が揺れていきます。口臭が強くなったり、膿が出てきたりして最悪歯が抜けてしまうこともあります。

健康な歯
健康な歯
歯周炎
歯周炎
歯肉炎
歯肉炎

     

歯周病の直接の原因は歯の表面に付着した細菌の塊(歯垢)いわゆる磨き残しになります。

この細菌の塊のなかに歯周病の原因菌が含まれており菌が作り出す毒素によって炎症が起こります。歯垢は水や洗口剤で口をゆすぐだけでは除去できず、歯磨きで除去できるため毎日のブラッシングが大切になります。

当医院では初診時・メンテナンス時に位相差顕微鏡にて歯周病菌が存在するか確認をおこないます。菌数が多い場合やお口の中の状態に合わせてその菌に効果のあるお薬を飲んでいただきます。

☆全身との関わり

歯周病は口の中だけの病気と軽く考えてはいけません。歯周病菌が作り出す毒素が血液に流れ込み糖尿病・心臓病・早産や低体重児出産等体全体の病気に影響すると言われています。

特に糖尿病については歯周病と相互関係にあると言われ、歯周病の改善によって糖尿病の状態が良くなることもわかってきています。

肥満
妊婦
妊婦
心臓病

       

☆歯周病の治療方法

 重症化した歯周病を完治させるのは難しいことですが、症状を今後悪化させないように、痛みが出ないようにコントロールしていくことが大切になります。その中で一番重要になるのが患者さん自身で行うセルフケア(歯磨き)です。歯周病の原因は歯垢になるのでそれをためない・増やさないことが基本になります。

 

そのために

  • 正しい歯磨きを毎日行い歯周病菌を減らす 

歯垢のない清潔な状態が続くよう歯ブラシにプラスして

フロスや歯間ブラシ等使用する

フロス
歯間ブラシ
歯間ブラシ
  • 歯石の除去(スケーリング)を行いきれいにする

歯石の場合歯ブラシで落とすことは出来ないため専用の器具を使い歯茎の上や歯茎の中にできた歯石の除去を行います。歯石の付着具合によって異なりますが数回必要になります。

  • メンテナンスにより健康な状態を維持する

毎日歯磨きを行っていても磨き残しができている場合も多いのでそういったところは歯科医師・歯科衛生士によった専門的なケアが必要になってきます。治療後の最善の状態を維持するために1~3か月くらいの間隔で定期的な検診を受けることをおススメします。

歯周病は軽い段階で治療を始めれば悪化を防ぐことができます。

早い段階でクリーニングを行い健康な生活を送れるようにしましょう!!

やまぎし歯科医院ホームページはこちら

【公式】やまぎし歯科医院|太田市の歯医者 (ymgsdc.com)

お気軽にご相談ください

メール問い合わせはこちらからどうぞ

24時間予約できます

オンライン予約 – 【公式】やまぎし歯科医院|太田市の歯医者 (ymgsdc.com)

電話番号:0276-40-7070

※電話は診療時間内にしか繋がりません。

*

WEB
予約

*

電話
お問合わせ

トップへ