太田市の歯医者なら
虫歯治療・予防のやまぎし歯科医院

*

こだわり

*
*
*

治療中に苦しくなったら

治療中の一番の不安、それは「痛くなったらイヤだなあ…」。
この気持ちは、子供だけじゃなく大人だって同じです。
「大人だから少しぐらい我慢しなきゃ!!」
皆さんのそうしたお気持ちは、スムーズな治療をするために、私たちにとって、非常にありがたいことなのですが、でも、大人だからといって無理は禁物です!
確かに、多少は我慢いただくことがあるかもしれませんが、皆さんには、できるだけ苦しくなく治療を受けていただきたいと考えています。ですからせめて、「何かあればいつでも治療を止められる」よう、私たちは、皆さんに次のようなお願いをしています。
院内でも同じ内容のシートをご説明しています。怖い気持ちは誰でも同じ。大人だからといって、遠慮は禁物です。
苦しいときは、いつでも手を挙げて教えてくださいね。

*

「知りたい!」にこたえます

当院ではいきなり治療を開始するのではなく、来院された患者様に今お持ちの歯の悩みや今まで歯医者さんで経験した嫌だった想い、治療に対するご要望に対して時間をとって専門のカウンセラーがお話をお伺いしております。
そのうえで初日は痛いところの治療のみに止め、その後の治療はお口の中の診査やレントゲン診査、口腔内写真を元に治療計画をたて、患者様に説明をいたします。
その時に患者様のお仕事の都合なども聞いたうえで、一回の治療時間の長さも考慮しながら治療の進め方を患者様に合わせて変えていきます。治療の途中で詰め物やかぶせものがある患者様に対しては再度時間をとって、それぞれの詰め物の違いや性質について説明し、患者様の希望をする詰め物、かぶせものを作成しております。
治療が完了した患者様にはそれで終わりというわけではなくて、一本でも多くの歯で長期的に機能することのできる、お口の管理をするために3~4ヶ月を目安に定期的な検診をさせていただいております。

「あと何回通えば治るんだろう…」
「いったいいくらかかるんだろう…」
「何歳まで自分の歯で噛めるだろうか…」
こんな不安を抱えていませんか。

診療方針~しっかり説明します~

まずは痛みで困っている患者様の痛みを早期で取り除いてあげることを心掛けています。痛みを取り除いた後は同じような痛みが出ないように予防の大切さをしってもらい、 痛くない治療を継続していただきます。
患者様が悩んだり困ったりしたことを気兼ねなく質問ができる環境づくり、歯医者に通えることを楽しいと思えるような人たちが多くいる歯科医院を目指しています。口から健康寿命を長くするために頑張っております。患者様が治療を受ける上でわかりやすい説明をし、そして治療をする前に不安がないように説明を大切にしています。基本的には痛みを感じる患者様には時間を問わず診療をしていきたいと考えています。患者様が望んでいる治療方法を確認しながら、診断のうえ、できる限り希望に近づけるような治療方法を選択していきます。
小さな子供が歯医者にいくことを嫌がらないような楽しい歯科医院づくり。患者様が見て、スタッフが楽しそうに働いていると感じられる歯科医院づくり。そして患者様にとって満足していただけるような歯科医院を日々変化しながら創り上げていきます。

もしも治療中に苦しく
なったらどうしよう…
そんな心配はありませんか

4つの安心~安全な治療のために~

当院ではいきなり治療を開始するのではなく、来院された患者様に今お持ちの歯の悩みや今まで歯医者さんで経験した嫌だった想い、治療に対するご要望に対して時間をとって専門のカウンセラーがお話をお伺いしております。
そのうえで初日は痛いところの治療のみに止め、その後の治療はお口の中の診査やレントゲン診査、口腔内写真を元に治療計画をたて、患者様に説明をいたします。
その時に患者様のお仕事の都合なども聞いたうえで、一回の治療時間の長さも考慮しながら治療の進め方を患者様に合わせて変えていきます。
治療の途中で詰め物やかぶせものがある患者様に対しては再度時間をとって、それぞれの詰め物の違いや性質について説明し、患者様の希望をする詰め物、かぶせものを作成しております。
治療が完了した患者様にはそれで終わりというわけではなくて、一本でも多くの歯で長期的に機能することのできる、お口の管理をするために3~4ヶ月を目安に定期的な検診をさせていただいております。

無痛治療~なるべく痛くない治療~

歯医者に行きたくないと思っている人の多くは、歯医者に行くと、痛くされるという考えが浮かんでしまうことがダントツのNO.1でしょう。虫歯ができているのは分かっているけれども、今それほど痛みがないし、歯医者に行くと歯を削られてしまう。しかもその削られるのが痛い。結果、先延ばしになってしまう。といった負のスパイラルではないでしょうか?
確かに放置しても自然治癒するものなら、多少その時痛くても、我慢することもいいかもしれませんが、残念なことに虫歯は放置していても絶対に治りません。逆に放置することで、残せるはずの歯を失うこともあります。
やまぎし歯科医院では、痛みが出る前の早期治療を推奨しています。ただ、そうはいっても、なかなか行く事が出来ないのが実際です。そこで、悪くなってしまった歯を治療する時に、やはり有効な手段が麻酔を行ってからの治療です。
ただ、麻酔をしても、中には麻酔が効きにくかったり、治療後、痛みが出てしまう時もあります。それでも、できるだけ患者様が痛みを感じないで処置を完了して頂くために、やまぎし歯科医院で心がけていることがあります。

「歯医者の治療は痛いから
いきたくない」

できるだけ患者様が痛みを感じないで
処置を完了して頂くために、
心がけていること

*

表面麻酔を塗る

*

細い針を使う

*

電動麻酔を使う

*

痛くない箇所に刺す

*

麻酔液を人肌温度まで温める

カウンセリングとは
どういうことをするのだろう?

と疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。
カウンセリングと聞くと難しく捉えてしまいがちですが、実際には「私達」と「皆様」で「お話の場」を作ることだと思っていただければ大丈夫です。
お話しする場を設ける事によって、「私達」から「皆様」へ、一方通行で今のお口の状況や今後の治療の予定についてただ説明するだけではなく、「皆様」から「私達」に対して、歯科に対してどういう思いを持っているのか、不安に思っていることや疑問に感じていることは何なのか、どういったことを希望しているのかといった事を遠慮なくお話ししていただければ嬉しいと思います。
私たちは皆様としっかり向き合い、信頼関係を築いたうえで、お互いに納得できる治療を提供したいと考えております。そのためにも、どんなに些細な事でも構いません。ただの雑談でも構いませんので、いつでもお気軽にお話しいただきたいと心より思っております。

皆様の疑問や不安を少しでも
解消出来るようにと
心掛けています。

私達は昔の多くの歯科であったような
一方的な治療はしたくないのです

治療をするうえで、一人ひとりに対して治療計画をしっかりとたてて、皆様に分かりやすく説明するようにしています。治療計画も一つしかないわけではなく、「歯を抜きたくない」など皆様の希望があれば、可能な限り希望にそうことが出来るように再度計画を立て直します。
治療方法の利点や欠点についてもしっかりと説明し、最終的にどういう治療をしていくかを決定するようにしています。

カウンセリングは保険外の治療を
患者様にお勧めするものでは
ありません

「保険内と保険外のものでは何が違うの?」「費用は?」「メリット、デメリットは?」「使い心地は?見た目は?」と言った心配、不安をなくすためにトリートメントコーディネーターが、その患者様にとってベストの治療を提案し説明を行っています。
十分に理解した上で、患者様が満足する治療を一緒に考えて選んでもらうことをカウンセリングの目的としています。

トリートメント
コーディネーターって?
Treatment Coordinator
安心して通っていただけるよう、ドクターと患者様との間に立つ橋渡しのような存在になる。
それがトリートメントコディネーター(TC)です。
歯の治療のことはもちろん、ご希望やお悩み不安など相談できる時間を設けています。
あなたのお気持ちをぜひお聞かせください!
*

滅菌対策

当院ではこのような院内感染が絶対に起きないように、徹底した滅菌・消毒処理を行っています。治療に使用した器材は、廃棄する物と再利用する物に分別します。
廃棄するものは当然そのまま捨てる事になります。再利用する物においては、薬液浸漬、超音波洗浄、界面活性剤を用いた洗浄した後、水洗・乾燥を行い、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にかけています。 オートクレーブにかけられない器具はガスによる滅菌を行っています。その際、器具は一つ一つ個別にパックし、紫外線の照射されている保管箱に入れる事により、滅菌した状態でしっかりと保管できるようにしています。
治療につかった薬剤や材料も患者様ごとにパレットに出し、余った物は廃棄します。直接器具でとったり、余った物を再利用しない事で、院内感染が起こらないようにしています。
院内感染について様々な注意喚起がされている現在でも、歯科医院における院内感染対策の不徹底さはまだまだなくなっていません。当院では、ご来院いただいている全ての患者様を感染からお守りする為に、これからも今まで以上の『滅菌と消毒処理』に力をいれて行く事をここに誓います。

やまぎし歯科医院が
最も力を入れている事の一つが
『滅菌と消毒処理』です!
*

WEB
予約

*

電話
お問合わせ

トップへ