丁寧な説明と安心な治療の歯科医院「やまぎし歯科」で行うむし歯治療とは?

*

むし歯

*
むし歯の原因
むし歯の原因むし歯の原因は菌・糖質・時間が密接に関係しております。

お口の中にいるミュータンス菌(むし歯菌)が、お口の中にある糖分を栄養にして、歯にくっつきます。
しばらくするとネバネバ物質を出して、うがい程度では簡単に除去できなくなります。
そこからむし歯菌が出す酸によって(脱灰)歯が溶ける時間が生まれます。
しばらくすると体の免疫力が唾液によって溶けた歯を治そうとする再石灰化という時間が訪れます。
その繰り返しによって溶ける時間が長いと虫歯が発生します。 要するにダラダラと食べていると治す時間が長くなり虫歯が発生しやすくなるのです。
むし歯になる
メカニズムの基礎知識と
その治療法
お口の中にいるむし歯菌が歯に付着し栄養源である糖を摂取すると酸を出します。
その酸が体の中で最も硬いと言われるエナメル質を溶かしてしまいます。

むし歯は進行度合いにC1~C4に分類されます。

C1はむし歯菌がエナメル質に限局(同じ場所に留まる)しているものです。

*
C2は歯の二層目にある象牙質に侵入している状態です。

*

ここまでくると痛みを感じるようになります。

C3はさらにその下にある歯髄にむし歯が到達した状態です。

*

神経が死んでしまい歯ぐきが腫れて膿をもつこともあります。

C4は虫歯が進行して歯の頭の部分が崩壊した状態になります。

*

治療方法としてはC1~C2程度であれば白い詰め物や金属で詰めて終わることができますが、C3になると神経をとってしまうためかぶせ物での治療が必要になります。
C4になると抜歯にまで移行する場合が多いです。
早い段階で治療をすれば少ない回数で終わりますが、C3以降になると治療回数は多くなってしまいます。

*

WEB
予約

*

電話
お問合わせ

トップへ