群馬県太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ フッ素って安全? - 歯の豆知識

インターネット予約

無料メール相談

電話

歯の豆知識

フッ素って安全?

このブログを読んでいるみなさんこんにちは

太田市世良田町 やまぎし歯科医院歯科衛生士の岩瀬です。

 

むし歯予防には『フッ素』がいいと聞いたことがあると思います。

ですが、フッ素の効果やなぜむし歯予防にいいのかはご存知ない方も多いのではないでしょうか?

 

また、フッ素って大丈夫?と不安なお母さん方もいると思います。

今回はそんなフッ素についてお話していきます。

 

私たちの身近な自然界にある元素の一つで、お茶や魚介類など多くの食品に含まれています。

むし歯予防だけでなく、丈夫な歯や骨を作るために大切な役割をします。

 

 

 

①フッ素の助けで酸にとけた歯が再石灰化(修復)されるのが早くなる

②抗菌作用があるのでむし歯菌の活動を抑える

③フッ素の助けで再石灰化(修復)された歯は元の歯より丈夫になる

 

これらの3つが作用することによってむし歯の発生を防ぐことができます!!!

 

①フッ素配合歯磨き粉

 フッ素配合歯磨き粉は年齢にあわせて適切な濃度があります。

以前は1000ppmが上限でしたが、現在では1450ppmの高濃度の商品も販売されています。

15歳以上の大人の方の場合1000ppm以上の歯磨き粉がおすすめになり

6才未満の子供には500ppm以下の子ども用歯磨き粉を使用してください。

高濃度の歯磨き粉(1000~1450ppm)を6才未満のお子さんに使用した場合フッ素症

という歯の表面に白い斑点ができてしまうことがあるので注意してください。

 

フッ素配合歯磨き粉の年齢別使用量

年齢

使用量

フッ素濃度

歯が生え始め~2歳

少量(切った爪程度)

500ppm

泡状の場合1000ppm

3~5歳

5mm以下

500ppm

泡状の場合1000ppm

6~14歳

1㎝程度

約1000ppm

 

 

予防効果を十分に発揮させるためには、歯磨き粉を適正な量・濃度(上記表)を使い歯磨き後は

10~15mlの水で一回だけうがいします。その後1~2時間は飲食を控えることが効果的です。

②フッ素塗布

 歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が直接フッ素を塗布する方法で、乳歯や永久歯の生え始めの

時期に対して行うのが最も効果的です。

また、成人や高齢者の方では歯の間や根元にできる虫歯に効果があると言われています。

年に数回継続的に塗布することをお勧めしています。

③フッ素洗口

 比較的低濃度のフッ化ナトリウム溶液を歯磨き後に毎日または週一回お家で

ブクブクうがいを行います。

一回の使用量は、未就学児で5~7ml、小学生以上では10mlです。

4歳ぐらいから使用でき永久歯が生えそろう頃まで続けると高い予防効果が得られます。

当医院では味のないフッ素洗口液もありますので是非ご使用ください。

 

 どんなに安全といわれているものでも大量に摂取した場合害を生じます。

フッ素も同じで誤った使用方法、使用量は害(中毒)が起こることがあります。

正しい方法で使用すれば安全ですのでご安心ください。

フッ素を使えば虫歯にならない!!フッ素を使えば虫歯が治る!!ということはありません。

毎日の歯磨きはもちろん定期的な検診もすごく大切になります。

フッ素をうまく使ってむし歯ゼロを目指しましょう!!

 

 

やまぎし歯科医院ホームページはこちら

【公式】やまぎし歯科医院|太田市の歯医者 (ymgsdc.com)

 

お気軽にご相談ください

メール問い合わせはこちらからどうぞ

https://ymgsdc.com/mailform/

 

24時間予約できます

オンライン予約 - 【公式】やまぎし歯科医院|太田市の歯医者 (ymgsdc.com)

 

電話番号:0276-40-7070

※電話は診療時間内にしか繋がりません。

 

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る