群馬県太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ 前歯を綺麗に治したい!保険適応の種類が増えました! - 歯の豆知識

インターネット予約

無料メール相談

電話
  • HOME
  • 歯の豆知識
  • 前歯を綺麗に治したい!保険適応の種類が増えました!

歯の豆知識

前歯を綺麗に治したい!保険適応の種類が増えました!

このブログをご覧くださっている皆さまこんにちは。

群馬県太田市世良田町の歯医者さん やまぎし歯科医院でトリートメントコーディネーターをしています冨岡です。

前歯を保険の効く範囲で綺麗に治したい皆様に朗報です!

なんと、2020年9月1日からCAD/CAM冠の適応範囲が拡大し、前歯も保険適用可能となりました!

CAD/CAM冠って何?何がどう変わったの?はい。では詳しくお話させて下さいね。

 

前歯を綺麗に治したい!新しい保険適応のCAD/CAM(キャドキャム)冠って?

 

◆CAD/CAM冠とは?

簡単に説明すると、コンピュータを使用して設計し、CAD/CAM装置を使って歯の被せ物となるブロック(塊)を削り、作成する被せ物のことです。

CAD/CAM冠と一概に言っても、実は削る素材は種類としては様々あり、強度や質感、透明感など実は様々な素材から作成することが出来るのですが、保険が適応出来る素材は国で定められており、保険を使用する場合は、その決められた素材で作成することになっています。

 

◆保険が適応のCAD/CAM冠の素材って?

セラミック(陶器)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られた、いわゆるハイブリット冠と呼ばれるものです。

今までも臼歯が先行でCAD/CAM冠が保険適応になっていたのですが、それは色彩がほぼ一色だったのですが、それとは少し違い、前歯用にはもともとのブロックにすでに色のグラデーションがついており、見た目的に違和感なく使用できるようになっています。

◆適応可能な部位は?

前歯用のCAD/CAM冠の適応部位は上下の3~3になります。下の画像の黄色い部分が適応箇所になります。

小臼歯と呼ばれる4~5番目の歯と、大臼歯と呼ばれる6番目の歯も保険適応のCAD/CAM冠はありますが、前歯用とは材質が異なります。

「前歯の治療の流れ」については詳しくはこちらもどうぞ

https://ymgsdc.com/subject/front-crown.php

 

◆前歯のCAD/CAM冠のメリット

①金属を使った保険の被せ物(硬質レジン前装冠)と比べて、長くしようしていても、歯肉が黒っぽくみえない。

②金属を使った保険の被せ物(硬質レジン前装冠)と比べて、透明感が出て自然に見える。

③金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がない。

④セラミックのみの被せ物と比べて費用を安く抑えることができる。

 

◆前歯のCAD/CAM冠のデメリット

①柔軟性はありますが、金属と比べて強度は劣りますので、咬み合わせが強い方、歯ぎしりをする方にはお勧めできません。

②透明感がややあるため、土台(コア)が金属を使用している方にはその土台の色が透けて見えてしまうため、不向きです。

③自然に仕上がりますが、セラミックのみの被せ物(保険適応外のもの)と比べると透明感や質感は劣ります。年数による多少の劣化や変色、臭いの付着などが考えられます。

 

◆こんな方におすすめです

①以前金属を使った保険の被せ物(硬質レジン前装冠)で審美的に気になった方で、費用を抑えたい方

②保険内での治療を希望で、耐久性よりも、審美重視で、銀歯(金属)は嫌だという方

③セラミック希望だったが予算的に・・・という方の第二選択として

◆CAD/CAM冠が不向きな方

①食いしばりが強い方や歯ぎしりを日常してしまう方は強度の問題により、破損のリスクが高くなります。金属を使用したものの方が良いでしょう。

②前歯がブリッジの方。残念ながら、今現在で保険が使用できるのは単冠(1本あたりのもの)と限られています。そのため、ブリッジの方には使用が出来ません。

 

◆セラミックとの違いって?

・セラミック(当医院ではジルコニアセラミックやイーマックス)に較べると、ツヤや透明感が劣ります。CA/CAM冠も良いですが、審美ではセラミックが1番綺麗に治せます。

・セラミックは変色しないので、いつまでも綺麗な歯が保たれます。

・セラミックほどは細かな色の調整ができません。セラミックは職人による細かな微調整が可能で、オーダーメイドのようにご自身に合ったものが作成できます。

・セラミックより傷がつきやすいため、表面に汚れ(プラーク)が付着しやすかったり、劣化により臭いが気になる方もいます。

 

◆どのくらいもちますか?

比較的新しい歯科素材のため、正直回答が難しいですが、適度な硬さと粘り強さを併せ持っているので、お手入れや、メンテナンスにもよりますが、同じく金属を使わず保険で治せるHJC(硬質レジンジャケット冠)よりは持ちがいいでしょう。

 

◆一番は何が自分に一番合っているか。

保険適応の前歯の被せ物の種類は、金属を使用した硬質レジン前装冠と、金属を使用していない硬質レジンジャケット冠と、今回新たに加わったCAD/CAM冠の3種類になりました。選択肢が増えたことで、審美面、強度面、金額面など様々な面で良いことはたくさんありますが、一番大切なことは、どれが自分に一番適しているかです。患者様のご希望をお伺いしながら、患者様が長く笑顔でお過ごしできるように、お口の状態と照らし合わせ、担当の先生やTCとともに何が一番良いのか?を一緒に選択していきましょう。ぜひご相談下さい。

 

 

やまぎし歯科医院HPはこちらからどうぞ

【公式】やまぎし歯科医院|太田市の歯医者 (ymgsdc.com)


ご相談はお気軽に。メール問い合わせはこちらからどうぞ。

https://ymgsdc.com/mailform/


24時間予約が可能です。

オンライン予約 - 【公式】やまぎし歯科医院|太田市の歯医者 (ymgsdc.com)


 

 

 

 

 

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る