群馬県太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ 金属床義歯ってどうゆうもの? - 歯の豆知識

インターネット予約

無料メール相談

電話

歯の豆知識

金属床義歯ってどうゆうもの?

太田市の歯医者やまぎし歯科医院です。

今回は金属床義歯 (部分義歯 総義歯)につてご説明いたします。

金属床義歯とは義歯床が金属で出来ている入れ歯です。
義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりもしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりします。装着感、耐久性、食感などの点から、金属床義歯は保険で作るレジン床義歯よりはるかに優れています。

ちなみに当医院の金属床はコバルトクロムを主に使用しています。この金属は医院によって違いがあり、金額もその金属の種類によって変わります。

 

どんな方におすすめ?

・美味しく食事をとりたい

・装着後の違和感の少ない義歯が作りたい方

 

メリット

快適性

・床部分に金属を使用するために薄く作製することができる。このために違和感の少ない、装着感の良い義歯となる。
・臭いが少なく、衛生的である。

 

審美性

・自費診療であるために、部分義歯で作製する場合には、バネが目ただないように工夫する事も可能。

 

耐久性

・精度・吸着性ともに良好。
・丈夫でこわれにくく、たわみ、変形が著しく少ない。

・保険のものよりもピッタリと合った入れ歯ができる可能性が高い。

 

発音

・床部分を薄く作製するため、自然に近い形態になり、舌の動きが義歯に邪魔されることが少ないため、発音しやすい。

 

味覚

・食べ物の温度が伝わり易いので、本来の食品の味に近くなり、美味しく食事を楽しむことができる。

 

その他

・ほとんどの症例で使用することができる。

・汚れが付きにくいので清潔。

 

デメリット

・保険義歯に比べ高額である

・小さいがバネが見えてしまう

・作製に時間がかかる

・顎のどての形によっては作成できない

 

どのくらいもつの?

金属を使用しているため、素材その物の耐久性はかなりありますが、あごの骨はだんだんと年を重ねるにつれて細くなってきます。定期的にメンテナンスにお越しいただくことが長く使っていただけるポイントになってきます。

 

要点をまとめると、金属はレジンよりはるかに丈夫で壊れないため、床を薄くすることができるのです。保険の入れ歯の約1/3の薄さです。そのため、違和感が少なく、話しやすい入れ歯を作ることができます。

金属床は薄くても丈夫で頑丈です。保険の義歯に比べて壊れたりする可能性が少ないため、はるかに長持ちします。

レジン床義歯(保険の義歯)のように強い力でたわんだりして歯茎を痛めることが少ないので、かむ力を歯茎に均等に伝わる為、歯茎を傷めない義歯を作ることができます。

金属は吸水性がないので、臭いがつきにくく、表面も傷つきにくいので汚れや歯石なども付着しにくく、衛生的です。不衛生な義歯を使用している人の中には、お口の中でカビが発生する場合もあります。

また、何より利点としては金属は熱をよく通す性質ですから、食事をした時の温度感覚が自然に近くなるため、食べ物の味がよく分かると言われています。

保険の義歯では熱を感じないために、熱いお茶などを飲まれて、のどを火傷してしまうということも良く起こるそうです。

レジンは型の上で入れ歯を作る時に大きく収縮します。そのため保険のレジン義歯はどんなに型を正確にとっても、出来上がった時に歯茎と少し隙間があきます。そのことが、入れ歯の内側に食べかすやものが入ったり、咬むと傷んだりする原因となります。

金属は作る時にほとんど収縮しませんので、型の通りはぐきにピッタリと合う、入れ歯になります。

年配の方はもう年だし・・・という意見もあるかと思います。もちろんいろいろな考え方もありますが、しっかり咬める方ほど入院するような大きな病気をされる方が少ないということが分かっています。食べられない物が多く、悲しい思いをしていると、人生の豊かさを感じにくくなってしまいます。このように患者様とお話をしていて、入れ歯でお悩みの方って多いのです。毎日の食事をおいしく食べられて、元気でいられると幸せを感じていただきたいなと思っています。

 

  • 投稿日:
  • 投稿者:やまぎし歯科医院

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る