群馬県太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ 歯を失ったらどうなるの? - 歯の豆知識

インターネット予約

無料メール相談

電話

歯の豆知識

歯を失ったらどうなるの?

 太田市の歯医者、やまぎし歯科医院です。

お口の健康の曲がり角は、40〜50代と言われています。

歯は失ってから大切さに気づくことが多いのです。

悪くなってからもっと大切にすればよかった、、と後悔する方も多いと言われています。

 

それでも失ってしまったものはしょうがない!でもどんな治療があるのかご説明いたします。

 

1ブリッジ

歯を失った場所にダミーの歯を入れて両隣の歯と連結させます。見た目も回復し固定性で違和感が少ないと言われていますが支えとなる両隣の歯も削らなくてはなりません。もちろん麻酔が必要な場合もあります。

 

2部分入れ歯

歯を失ったところの両隣にバネをかけて補うものです。クラスプという針金でかけることがほとんどですが、見た目が気になる場合、素材は様々あります。

両隣の歯を削らずに作ることが可能なので負担は少ないですが、取り外しには慣れが必要なこと、手入れが必要な点などがあげられます。

 

3インプラント

失った歯の根っこの代わりにチタン製のネジ状の部品を骨に埋め込みます。外科手術が必要になるので費用がかかること、治療期間がかかることが難点ですが自分の歯と同程度に噛む力や食感が回復します。

 

ご自身の希望に合った治療をお選びください。質問やお困りごとがあればいつでもカウンセリングいたします。

  • 投稿日:
  • 投稿者:やまぎし歯科医院

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る