群馬県太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ 差し歯の土台の治療って大事なんです - 歯の豆知識

インターネット予約

無料メール相談

電話

歯の豆知識

差し歯の土台の治療って大事なんです

太田の歯医者やまぎし歯科医院です。

差し歯の土台についてお話します。
 
歯の神経の治療後、神経の入っていた根の部分を補うために、歯の根の中に『土台』を埋め込む治療をします。
この治療はとても大事な治療です。

入れる土台によってその後の歯の色調や寿命などが左右されます。
土台は従来、金属でできたものを使用することが多かったのですが、近年では歯の色調や強度を考慮し、歯により良い白い素材のファイバーポストを多く使用しています。
以前はこの白い素材のファイバーポストは自費治療だったのですが、平成281月から保険が適用になりました。
従来の保険治療の土台は金属でできている『メタルコア』というもので歯の根の部分に合わせて型どりが必要でした。
金属を使用していることもあり、人によっては金属アレルギーが起こったり、メタルタトゥーといって歯茎に黒ずみが生じたり、経年使用することで歯が割れてしまうといったトラブルが起こっていました。
またエックス線撮影の際、金属に隠れた部分が映らないという欠点もあります。
それに対してファイバーポストは適度なしなりがあるので、歯の割れる可能性が起きにくいことや、審美的な透け感が再現しやすい、直接お口の中で作成するので土台の型どりが必要ないなど利点がたくさんあります。
また再治療が必要になった際の除去が比較的容易なので負担も少なく、エックス線写真撮影も歯全体が鮮明に写ります。
歯の状態によっては使用できないこともありますので、気になる方はご相談してください。

  • 投稿日:
  • 投稿者:やまぎし歯科医院

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る