群馬県太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ セレック治療ってどんな治療? - 歯の豆知識

インターネット予約

無料メール相談

電話

歯の豆知識

セレック治療ってどんな治療?

太田市の歯医者、やまぎし歯科医院です。

今日は当医院でも今お勧めしているセレック治療についてお話をしていきたいと思います。

当医院で行っているセレック治療とは、当医院にあるCEREC(セレック)という機械を使用してセラミックをその場で作成するというもので、いわゆるCAC/CAMセラミック治療です。

ちなみにCAD/CAMとは口腔内に装着される修復物や補綴物の設計及び加工に用いられる複数の装置をCADCAMの技術を用いて統合したシステムのことで、 CAD/CAMとはcomputer-aided deighn/computer-aided manufactureingの略になります。

この辺はちょっと難しいので、ざっくりいうと、お口の中を立体撮影が可能な小型のビデオカメラ(光学印象採得カメラ)で撮影し、そのデータをもとにコンピュータが詰め物や被せ物をデザインして、機械がデザイン通りに作ってくれるというものです。

今までは職人(技工士さん)が手作りで製作していたのですが、そうするとどうしても技工士さんの製作時間がかかるため、被せる治療が先に延びてしまったり、手作業のため品質にバラつきが出てしまったり、手作業のため費用が高くなってしまうというデメリットがありました。このセレックの導入により、そのデメリット部分がカバー出来るようになり、短時間、品質の安定、なおかつ低コストで最善の治療(セラミックでの治療)が可能になったのです。

主なメリットでは

①通院1日。最短1時間で治療も可能。

虫歯の進行具合によっては、通常2回の治療が1回の来院で治療を終えることが出来ます。その場で設計、加工。仮歯不要で衛生的です。

②虫歯になりにくい。

歯とセラミックを接着剤で固定するのでむし歯の原因のひとつである隙間がなく虫歯のリスクを減らせます。また、削ったその日に被せることによって、細菌の付着が0の状態を維持でき、日にちを置いた被せ物よりも虫歯のリスクが低いと言われています。

③体に優しいセラミックを使用します。

金属アレルギーの心配がない、生体親和性の高いセラミックは、変色や摩耗といった心配も不要で、からだにやさしい素材です。完成した修復物は、接着理論に基づきセットされることで、10年間で90%以上の残存率を実現する優れた耐久性を誇ります。

④型採りの負担が少ない。

苦しいお口の型取りを、小型のビデオカメラ(光学印象採得カメラ)で、短時間にラクに行えます。

⑤天然歯に近づいた審美的質感。

さまざまな歯の色に対応し、隣接歯に良く馴染みます。噛み心地や舌ざわりなど質感も天然歯に近い自然な感触です。

特に治療でのお勧めは、インレーと言われる部分的な詰め物での治療です。インレーが必要な歯はほとんどが神経と言われる歯の寿命を左右する部分がまだ残っている状態です。次にむし歯になってしまったときには、また削らなければならないため、もしかしたら神経を残せなくなってしまうかもしれません。この神経を残せるうちにいかに次にむし歯にならないようにするか?がその歯をどのくらい残せるかの大きなターニングポイントになるのです。そのため、唯一虫歯の再発を防ぐために細菌の付着を限りなく0に近い状態で保存することが出来るセレック治療が一番メリットが高いのです。

 

ただし、万能なセレック治療ですが、デメリットとして

①強度が天然歯と変わらない。

歯ぎしりをする方、喰いしばってしまう方、力仕事をしている方などは向かないかもしれません。

②審美最優先ではない。

1つの固まりから削り出して製作するため、職人が色づけを行っていません。歯と馴染みは良く、違和感も少ないですが、審美最優先の方には向かないでしょう。

  • 投稿日:
  • 投稿者:やまぎし歯科医院

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る