群馬県太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ ブラキシズムって知っていますか? - 歯の豆知識

インターネット予約

無料メール相談

電話

歯の豆知識

ブラキシズムって知っていますか?

太田市の歯医者、やまぎし歯科医院です。

ブラキシズムって知っていますか?

「ブラキシズム」とは、歯科で使われている専門用語で、お口やその周辺の器機にみられる習慣的な癖の1つです。

「歯ぎしり」「咬みしめ」などが代表的なブラキシズムと言われています。

「歯ぎしり」は睡眠中に行っていますから、自覚することがほとんどなく、家族や知人から指摘されて初めて気づくことがほとんどです。

「咬みしめ」は、日中・夜間にかかわらず、無意識のうちに歯を食いしばってしまうものです。

これらを総称したのが「ブラキシズム」といいます。

この「ブラキシズム」。ときには私たちの歯の健康を脅かす存在になるので注意が必要です。

ではどうして問題なのでしょう。

「ブラキシズム」は、歯・歯肉・歯槽骨(歯を支える骨)とその周囲の組織に様々な影響や弊害を及ぼします。

歯や周囲の骨などが受け止める咬む力は、自分の体重以上と言われています。

強い人では70㎏を超えほど。「ブラキシズム」の場合、その大きな力が持続的に加わるため、硬い食べ物を食べる時のような一瞬だけ強い力がかかる場合よりもずっと大きな影響がでるのです。

口腔内で起こりえる主な症状としては、「歯のすり減り」「歯がしみる」「被せものや詰め物がすぐにはずれる」「歯が割れる」「歯周病の悪化」などがあります。

また、口腔内だけにはとどまらず、顎の関節や顔面の筋肉などにも悪影響を与えることもあり、「顎関節症」「口の周りの筋肉の痛み」「顎のずれ」「顔面のゆがみ」「頭痛」「肩こり」も起こる可能性があります。

しかし、実際に「ブラキシズム」をしている人でも気づいていない方が大半なのです。

これからチェック項目をあげますので、鏡を見ながらチェックしてみましょう。

  1. 歯ぎしりをしていると、家族から指摘されたことがある

  2. 歯がかなりすり減っている。

  3. 頬の内側の粘膜や舌の周辺に歯の跡がついている

  4. 集中しているときや緊張しているときに、無意識に咬みしめている

  5. 歯が割れたことがある(外傷以外で)

  6. 肩こりがひどい

  7. 頭痛がよくある

  8. 歯医者さんで歯ぎしりしていませんか?と言われたことがある

いかがでしたか?

3つ以上当てはまった方は、ほぼ「ブラキシズム」があるでしょう。

当てはまる方はぜひ歯医者さんで一度相談してみてくださいね。

 

  • 投稿日:
  • 投稿者:やまぎし歯科医院

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る