群馬県太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ 『酸蝕症』という歯の病気を知っていますか? - 歯の豆知識

インターネット予約

無料メール相談

電話

歯の豆知識

『酸蝕症』という歯の病気を知っていますか?

太田市の歯医者、やまぎし歯科医院です。
『酸蝕症』という歯の病気を知っていますか?

酸蝕症とは、酸性の強い食べ物、飲み物によって歯が溶けて弱くなってしまう病気のことです。

歯はもともと酸がとても苦手で、酸に触れると化学反応を起こし溶けてしまいます。

しかし、食べ物のほとんどは酸性で、みそやしょうゆも穏やかな酸性です。

なのに、なぜ歯が溶けてなくなってしまわないのでしょうか?

それは、唾液が酸を洗い流し中和することによって歯を守ってくれているからです。

しかし、唾液の能力にも限界があります。

強い酸がお口のなかに繰り返し入ってくると、唾液の作用が追いつかず歯が溶けてしまいます。

すっぱいものを毎日食べる続ける健康志向の食生活などでも歯が傷んでしまうこともあります。

また逆流した胃酸(逆流性食道炎)などによっても歯が傷んでしまいます。

食生活やストレス社会の多忙な毎日との関わりがある、現代人ならではの生活習慣病として注目されています。

むし歯もむし歯菌の出す酸によって歯が溶けて穴があいてしまう病気ですが、酸蝕症との違いは『被害の範囲』です。

むし歯は一部分ですが酸蝕症は酸が触れた部分すべてで起こるので、広範囲になりやすいです。

そして全世代を通じ4人に1人が酸蝕症といわれています。

酸蝕症になりやすい原因を知って、歯を溶かす原因になる習慣をやめ、大切な歯を守っていきましょう。

  • 投稿日:
  • 投稿者:やまぎし歯科医院

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る