群馬県太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ ハイブッリトセラミックってなあに? - 歯の豆知識

インターネット予約

無料メール相談

電話

歯の豆知識

ハイブッリトセラミックってなあに?

太田市の歯医者、やまぎし歯科医院です。

今日は、ハイブリットセラミックについてお話たいと思います。

●ハイブリットセラミックとは?(クラウン)(当医院では大臼歯のみ)

セラミック(陶器)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られた白い詰め物のことです。
メタルインレーより自然に仕上がりますが、セラミックインレーに比べると透明感がやや劣り、年数による多少の変色はあるものの、柔らかいので対合歯(かみ合う側の歯)に対してやさしい、というメリットがあります。

柔軟性はありますが、固さが他の素材と比べて劣りますので、咬み合わせが強い方、歯ぎしりをする方にはお勧めできません。

今現在臼歯のみ保険診療が適応になっているが、当医院では対応していません。

そのため、奥歯のみ自費にて対応しています。

 

こんな方におすすめ!

・奥歯をセラミックスより柔らかい材料で白くしたい方

・セラミックより安価で奥歯を白くしたい方

・耐久性、健康面より、審美重視で、銀歯は審美的に嫌だという方

 

メリット&審美性は?

・保険適応だと銀歯しか入れられない奥歯に、白い被せものが比較的安価で装着できる

・レジン材料よりも色の種類が豊富に用意されているので、隣接した歯と類似した自然な色で作製できます。

・唾液の吸収が少ないため、変色やや口臭の原因になりずらい

 

耐久性は?

・内側を金属で補強することにより耐久性でも期待ができる

 

健康面は?

・通常のセラミックよりも割れにくく、また柔らかいので、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがありません。

・ジャケットクラウンの場合は金属アレルギーにも対応(ただし強度面であまりおすすめはできません)

 

デメリットは?

・通常のセラミック(メタルボンドセラミック・オールセラミック)に較べると、透明感が劣ります。

・長期的には変色が起こります。(通常のセラミックは変色しません)

・通常のセラミックほどは細かな色の調整ができません。

・フレームに金属を使う場合、金属を使用しているので、金属アレルギーのある患者様は使用出来ない場合があります。

・金属で裏打ちしているので、加齢に伴い歯肉がやせてくると、歯の根元部分の金属が露出し黒いラインが、見えてくる場合があります。

・金属のフレームを使用している分、歯を削る量が多少多くなる場合があります。

・金属のフレームを使用している分、金属の黒い色が反映し透明感と明るさがやや劣ります。

・長期間の使用で多少の変色やツヤの消失がみられます(プラスチックが変色するため、セラミックスより審美性で劣ります)

・良くも悪くもセラミックスより軟らかく磨り減りやすいです。

・セラミックスより傷がつきやすいため、表面に汚れ(プラーク)が付着しやすいです。

 

どのくらいもちますか?

ハイブリットセラミックは十数年前に開発された比較的新しい歯科素材のため、それ以上の経過報告はまだありませんが、高度な硬さのセラミックとは異なり、適度な硬さと粘り強さを併せ持っているので、お手入れや、メンテナンスにもよりますが、壊れにくいという面では長く使用していただけます。

 

セラミックとくらべて?

色調と変色の面ではセラミックには劣ります。

セラミックは唾液を一切吸収しませんが、ハイブリットセラミックはプラスチックを使用しているため、わずかに唾液を吸収してしまいます。

 

接着方法は?

合着 金属フレームがある場合はレジン系セメントで接着します。

 

  • 投稿日:
  • 投稿者:やまぎし歯科医院

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る