群馬県太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ 思春期のお子さんのブラッシングどうしていますか? - 歯の豆知識

インターネット予約

無料メール相談

電話
  • HOME
  • 歯の豆知識
  • 思春期のお子さんのブラッシングどうしていますか?

歯の豆知識

思春期のお子さんのブラッシングどうしていますか?

太田の歯医者。やまぎし歯科医院です。

思春期のお子さんのブラッシングどうしていますか?

中高生のお口は虫歯のリスクが高いと言われています。 低学年の頃は保護者の仕上げ磨きや学校でのブラッシング指導などにより抑えられていますが、中高生になり、思春期を迎えると保護者や歯科から手が離れ、虫歯が増加すると言われています。

 中学生になると学校生活の変化や、勉強などに時間を多く費やし、自由時間が少なくなることも歯科への関心を低下させるひとつとも言えるでしょう。

 

そんな中、やはりお子さんの虫歯が心配な保護者の方は多いと思います。ここからは例になりますが、おうちでのケアの参考にしてみてください。

 

★おやつが大好きな子へ

 おやつをだらだらと食べてしまうと虫歯のリスクがどんどん上がってしまいます。お菓子を食べるときは一気に食べて、食べた後はお茶や水を飲んだり、うがいをするようにします。

 

★歯磨きをさぼっている子へ

朝の歯磨きは、エチケットのひとつとして簡単でも大丈夫です。お口の匂いが臭かったら嫌ですよね。思春期の子たちは気にするところです。

 夜は虫歯菌が活発になるので夜をしっかり磨くようにしましょう。

 

★部活で忙しく寝る前の歯磨きをしない子へ

歯磨きする場所を洗面所やリビングからお風呂場に変えてみてお風呂で磨くようにしましょう。

 歯磨きができる習慣が身につけば「ながらみがき」と言ってテレビを見ながら等も効果的です。

 

★スポーツ飲料をよく飲む子へ

運動部だとスポーツ飲料を飲む機会が多いと思います。もちろん水分補給は大切ですがスポーツ飲料もだらだら飲んでしまうと虫歯のリスクが上がってしまうので、スポーツ飲料を飲む時間を決めて飲んだ後はお水やお茶を飲むようにしましょう。

 

 運動をしている子は、虫歯の有無やきちんと噛めているかでも、出せる力の差があると言われています。運動をして、強くなりたいと思う子ほど歯を大切にしてもらいたいものです。

もちろん歯科での定期検診も大切になってきますので、忙しいとは思いますが長期休みを使って検診や、フッ素の塗布をおすすめします。

  • 投稿日:
  • 投稿者:やまぎし歯科医院

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る