歯周病とは? | 太田市世良田町 やまぎし歯科医院

歯周病の治療なら、太田市世良田町 やまぎし歯科医院へ

予約

無料メール相談

初診予約、ご相談はこちら

歯周病とは? 歯周病の基本知識と治療法

歯周病はどんな病気?

歯周病とは? 健康な歯は、歯と歯ぐきがぴったりとついた状態です。

歯周病は、歯周病の原因になる菌(以下、歯周病菌)が歯と歯ぐきの隙間に入り込み、歯を支えている骨(歯槽骨)に達して、歯を支えている骨を溶かしてしまう怖い病気です。

もちろん、歯を支えている骨を溶かしてしまったら、歯を支えることが出来ません。虫歯になっていない健康な歯でも抜けてしまいます

この怖い歯周病ですが、実は成人の8割が歯周病であると言われています。そして、歯周病は、歳をとるにつれて進行します。

多くの人が知らず知らずのうちにかかってしまう歯周病の原因と治療についてこれからお伝えしたいと思います。

どうして、歯周病になる?

歯周病菌は、むし歯菌と同じように、お口に残った食べかすを栄養源としています。
この食べかすに、歯周病菌がくっついて、どんどんと増えていきます。この食べかすと菌の集合体を「プラーク」と呼びます。

歯周病とは?

このプラークですが、簡単にわかることができます。皆さん、自分の歯の表面をさわってみてください。表面がぬるぬるしていませんか?このぬるぬるがプラークです。

このぬるぬるをキレイにとることが「プラークコントロール」と呼びます。

「私はしっかりと歯磨きをしているわ」という方、いらっしゃるかと思います。とても素晴らしいと思います。

ただ、歯磨きでは取りきれない食べかすがお口に中には多く存在します。
「もう磨き残しない!」というくらい歯磨きをして、再度、歯の表面を触ってみてください。それでも、歯の表面はぬるぬるしてませんか?

そうなんです。残念ながら、プラークは歯磨きだけでは落ちないんです。

歯周病とは? さて、このプラークですが、その後どうなるかご存知ですか?
プラークは、唾液の中のカルシウムやリン酸を取り込んで固い塊になります。

この固い塊が、歯石(しせき)と呼ばれるものになります。

歯周病菌は、空気に触れると死んでしまう菌(嫌気性細菌)のため、プラークという細菌の集合体と歯石を作りながら、歯と歯ぐきの間、さらに歯ぐきの奥へ奥へと進んでいきます。

この進行の過程で、菌に歯ぐきが拒絶反応(きょぜつはんのう)を起こして、歯ぐきの腫れ(炎症)や出血を起こしやすくします。

恐ろしいことに、自覚症状はほとんどなく、自分では気づきません。ようやく、気づいた時には重症になっていることがとても多いです。

どうしたら、歯周病の治る?

歯周病とは? 歯周病に関しては、現在も様々な研究がされていますが、治療方法は見つかっていません。残念ながら、完全に歯周病を治療することはとても難しい状況です。

加えて、一時的に歯周病菌を除去できても、人と人との感染があるので、家族間などでの自然感染(しぜんかんせん)が起こってしまうのです。

しかしながら、しっかりと歯医者さんでプロのお掃除をしていただければ、ある程度、引き締まった歯の状態することはできます。そうすることで、歯と歯ぐきの隙間を狭くして、再度、歯周病になることを防ぐことが出来ます。

歯周病とは?

最善の歯周病治療は、正しい歯磨きの仕方と定期的な歯医者さんでのお掃除になります。
歯科医院では、プロの専門家(衛生士)が特殊な機器を使ってお掃除します。定期的に歯医者さんに通い、お口の健康を一緒に守っていきましょう!