歯科コラム:妊娠中のお手入れと治療 | 太田市世良田町 やまぎし歯科医院

予約

無料メール相談

初診予約、ご相談はこちら

歯科コラム:妊娠中のお手入れと治療

妊娠中の食生活

妊娠中はできるだけ歯の治療は避けたいものです。

むし歯の大敵は甘いものと不規則な食生活。妊娠中は甘いものが欲しくなりがちですが、甘いものを食べたいときはお菓子などは避けましょう。また、間食もむし歯の原因になりますので、できるだけ控えるようにしましょう。

妊娠中は、味覚や臭覚が敏感になり、歯みがきも怠りがちになります。
そんな時は、無理をせず、できるときに歯を磨きましょう。

妊婦性歯周炎にも注意!

歯科コラム:妊娠中のお手入れと治療 妊娠中はホルモンの分泌が盛んになります。

このホルモンを好む細菌が増殖
し、歯周炎を引き起こすことがあります。
これを妊娠性歯周炎といいます。

歯周炎に なると、歯ぐきが腫れたり、出血したりします。

場合によっては、早産の原因になることもありますので、しっかりしたケアが必要です。

つわりがひどい場合の歯みがき法

時間にこだわらない

歯みがきは食後できだけ早くするようが良いですが、つわりがひどい場合などは、無理をせず体調の良いときに歯をみがきましょう。

歯みがき粉

歯みがき粉の匂いで気持ち悪くなることもあります。ブラッシングで大切なのは、歯みがき粉の良し悪しよりも、まずはしっかり丁寧にみがくこと。

ですから、種類にこだわらず、できるだけ香料の少ないものを選んで、しっかりみがきましょう。

小さめの歯ブラシをつかいましょう

大きい歯ブラシはのどを刺激しやすく、吐き気も感じやすくなります。
なるべく、小さめの歯ブラシを使用して、刺激を少なくしましょう。

下を向いて歯をみがきましょう

歯みがきをしていると、だんだん唾がたまってきます。唾がのどの奥にたまると、吐き気を感じやすくなるので、下を向いて歯をみがきましょう。