歯科コラム:根尖病変(こんせんびょうへん) | 太田市世良田町 やまぎし歯科医院

予約

無料メール相談

初診予約、ご相談はこちら

歯科コラム:根尖病変(こんせんびょうへん)

根尖病変って何?

歯科コラム:根尖病変(こんせんびょうへん) 「根尖」とは、歯の根っこの先端部分です。
この部分が病気になってしまったものを、総称して「根尖病変」といいます。

むし歯で神経をとったところが腫れたり、歯根が割れてしまうなどの原因で細菌が感染し、膿(うみ)ができたりします。

自覚症状が無い場合もありますが、放っておくと痛み出したり周りの健康な歯への影響、さらには全身疾患の原因となる場合もありますので、発見したら適切な対処が必要です。

治療方法について

1. 感染根管治療の場合

根幹内の細菌が病気の原因の場合、まずは根幹内のお掃除をしっかりと行います。

特に、奥歯の根幹はとても複雑で、大変細かい作業なので、数回の治療が必要になることもあります。

治療の流れ

(1)薬を取り除きます (2)根管を清掃します (3)根幹に薬を詰めます
薬を取り除きます 根管を清掃します 根幹に薬を詰めます
2. 抜歯の場合

抜歯の場合 細菌を除去するための治療を行っても、どうしても状態が改善しない場合、細菌におかされた病巣を残しておくことは、痛みはもちろん、周囲の歯などへの悪影響も大きいため、歯を抜くことになります。