幸せの軸 - 朝礼ブログ

予約

無料メール相談

初診予約、ご相談はこちら

朝礼ブログ

2017/03/13
幸せの軸

Kさんが、ある経営者の講演会に参加した時のことです。講師が壇上から「あなたは今、幸せですか」と聞き手に質問を投げかけました。心の中で〈幸せです〉と答えたKさんですが、講師はたたみかけるように「本当に幸せですか」と念を押しました。その問いかけに、Kさんは〈自分は本当に幸せだろうか〉と、心に揺らぐものがあったのです。その頃のKさんは、自分より恵まれない人を見ると、上から目線で接していたところがありました。また、自分より恵まれた境遇の人と出会うと、〈それほど自分は幸せではないかもしれない〉と感じていました。つまり、幸不幸の軸は、比較する他人にあったのです。それだけに、自己評価も常に激しく揺れ動き、自分の仕事にも自信が持てずにいたのでした。この日の講師の一言で、「人は人、自分は自分だ」と、良い意味で開き直ることができ、仕事への自信も湧いてきたのです。人の目、人の口に振り回されず、しっかり自分の足で立って歩きましょう。私も以前人のことばかりが気になるときがありました。人との比較や他人を対象にした自分の位置を基準にしていることがありました。でもそう考えるといつも自分のやったことの評価に他人が基準になってしまい私自身の人生がほかの人が基準になっていることに気付きその考え方を改めるようにしました。今は、自分のために自分時間を使っています。