伝える順番 - 朝礼ブログ

予約

無料メール相談

初診予約、ご相談はこちら

朝礼ブログ

2017/02/06
伝える順番

思っていることや感じていることを、相手に正しく伝えることは難しいものです。頭に浮かんだことをそのまま言葉にするうちに、自分でも何を伝えたいのかわからなくなってしまった経験は、誰しもあるでしょう。株式会社ビジネスプラスサポート代表の藤井美保代さんは、聞き手が理解しやすい話し方として、PREP(プレップ)法を薦めています。話をする際には、まず自分の言いたい結論(Point)を端的に述べ、次にその理由(Reason)を伝えます。そして、具体例(Example)で補強し、相手を納得へ導いたら、最後はもう一度、結論(Point)を述べて締めくくります。結論から伝える話し方は、ある程度の訓練が必要でしょう。まずは気軽に話のできる家族や友人、恋人などの近しい間柄で試してみてはいかがでしょう。最も伝えたいことは何なのか、それを伝えるにはどの言葉が適切なのか、よく考えてから話し始めれば、その話はきっと相手に通じるはずです。私は、よくこの経験があります。話しているうちに、何を話す目的だったのかを分からなくなってしまい、しまりのない話になってしまう事がよくあります。これからは、このPREP法を意識して話すようにしてみようと思います。