太田市の歯医者「やまぎし歯科医院」のブログ ~ 『歯の痛み』 - 歯の豆知識

予約

無料メール相談

初診予約、ご相談はこちら

歯の豆知識


『歯の痛み』

歯や歯の周りで起きる痛みは、とてもつらいものですよね。患者様の中には一刻も早く痛みを止めてほしいと切実な悩みをもって来院される方も多いです。そして私たち歯科医師は、その痛みを、できるだけ早く止めてあげたいと、毎日奮闘しています。

患者様の中には、この歯は、以前神経をとったはずなのになぜ痛くなるのか? この間治療が終わったはずなのになぜまだ痛みが続いているのか?など疑問に思われることも多いと思います。

治療が終わってすぐ痛みがなくならないと、治療が失敗したのではないかとか、神経を取り残してしまったのではないかと心配になってしまう方も多いと思います。でも実際のところ、歯の中にだけ神経があるのではなく歯の外側にも三叉神経につながった神経が広がっています。そのため歯の内部で起こっていた炎症については、神経をとることで治まったとしても、歯の外側まで細菌感染が及んでいたとするとその炎症が体の免疫によって抑え込まれるまでは、違和感が続く場合があります。

歯の痛みは、ある時激痛で悩まされているのに、ある時期を超えると嘘のように痛みが消えてしまう事があります。そうすると患者様は、治ったと勘違いして歯科医院に来院されない事があります。

しかしこれは、内部に溜まって歯髄を圧迫していた膿が歯の根っこの先から外に出て内圧が下がったことで痛みがスーッと楽になるのです。しかしこの後細菌感染は、周りの組織に広がり、体の抵抗力が落ちた時や噛む刺激が加わったりすると突然痛み出したりします。歯髄が細菌感染をして炎症が起きると、けっして自然治癒することはありません。治療を先延ばしにしていると、大切な歯を失ってしまう事もあります。虫歯がある事に気づいたら、出来るだけ小さいうちに歯科医院に受診して治療をすることをお勧めします。歯科医院は痛くなったら行く場所ではなく、痛くならないためにメインテナンスを受けて大切な歯を守るための予防する場所として関わってみてはいかがでしょう。

 

新着ブログ

歯の豆知識ブログ一覧に戻る