エナメル質形成不全症 - 歯の豆知識

予約

無料メール相談

初診予約、ご相談はこちら

歯の豆知識

2016/11/06
エナメル質形成不全症

太田市伊勢崎市深谷市の皆様こんにちは。エナメル質形成不全症(MIH)という言葉を聞いたことがありますか?エナメル質形成不全症とは、前歯と6歳臼歯におもに発症する先天的なエナメル質の形成障害のことです。これは、エナメル質がもろく、透明感のない白色や黄褐色をしているのが特徴です。これらの原因は不明ですが、歯があごの骨の中で育っているときに、エナメル質が十分に成熟していないとによって起こると考えられています。

前歯の場合は、エナメル質に強い力がかからず、歯面も唇や舌に絶えずこすれているため、歯垢が溜まりにくいこともあって、欠けたりすることは少ないのですが、変色といったことを気にされることがあるかもしれません。それとは異なって、奥歯にできたエナメル質形成不全症は、噛んだときに強い力を受け止めるため、歯が崩れて欠けてしまい、そこに歯垢などが溜まりやすくなり虫歯の発生することがよく見られるため注意が必要です。お口の健康を、長期的に維持するためにしっかりと虫歯予防をして可能な限り歯の神経を保存して、歯を長持ちさせていくために経過観察が大切になります。そのためにも出来るだけ早期に生えはじめた永久歯の奥歯のエナメル質形成不全症を発見して、エナメル質が欠けたり崩れたりしたら、歯科医院でそこを白い詰め物で補強することで進行を防止することが大切です。

ena.jpg  エナ.png